蔡英文博士

民主進歩党主席、2016年総統選挙候補者

1956年8月31日生まれ(59歳)、台湾・新北市出身

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで国際貿易法及び政策に関する法学博士を取得。米国コーネル大学ロースクール法学修士、台湾大学法学部卒業。

前大学教授。2000年行政院大陸委員会主任委員(大臣)に就任前には、世界貿易機関(WTO)への台湾加入のための重要な取引交渉者として活躍。2005年-2006年立法委員、2006年-2007年行政院副院長(副首相)を務める。

2008年の民進党選挙敗北後、台湾主要政党初の女性リーダーに選出され、2期連続党主席を務める。2014年に党主席に再任。同年台湾の過去最大の地方選挙で、民進党に圧倒的な勝利を導く。2015年、総統選挙(2016年)における民進党の総統候補者に選出される。

学歴

1984年 ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス法学博士

1980年 米国コーネル大学ロースクール法学修士

1978年 国立台湾大学法学部卒

経歴

2014-現在 第15代民進党主席

2010-2012 第13代民進党主席

2008-2010 第12代民進党主席

2006-2007 行政院副院長(副首相)

2005-2006 立法委員

2004-2005 総統府国策顧問

2000-2004 行政院大陸委員会主任委員(大臣)

1999-2000 国家安全会議 シニアアドバイザー

1995-1998 行政院公正取引委員会委員

1994-1998 行政院大陸委員会 シニアアドバイザー

1984-2000 国立政治大学、東呉大学法学部教授

______________________________________________________________

陳建仁博士

民主進歩党 副総統候補者

1951年6月6日、台湾・高雄市旗山生まれ

学歴

米国ジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生大学院疫学博士

国立台湾大学医学部公衆衛生研究所修士

国立台湾大学理学部動物学科卒

経歴

中央研究院副院長(2011-2015)

中央研究院遺伝子学研究センター特別研究員(2006-2015)

行政院国家科学委員会主任委員(2006-2008)

行政院衛生署署長(2003-2005)

行政院国家科学委員会副主任委員(2002-2003)

国立台湾大学公衆衛生学院院長(1999-2002)

行政院国家科学委員会生物科学発展所所長(1997-1999)

国立台湾大学疫学研究所所長(1994-1997)

国立台湾大学公衆衛生研究所所長(1993-1994)

中央研究院生物医学科学研究所研究員(1988-1994)

国立台湾大学公衆衛生研究所教授(1986-2015)

専門

疫学、人類遺伝学、公衆衛生、予防医学