日本の国会で先ごろ安全保障に関連する法案が成立したことについて、民進党の阮昭雄スポークスマンは20日、我々は安保関連法案の成立が、日本の防衛体制に関連し日米安保の枠組みを強化し、日本が国際的な安全に一層参与していく基礎となり、地域の平和安定に一層の責任を持つということだと理解している。民進党は、日米安保が地域の安全と安定の力になることを肯定しており、日本が地域の平和と安全に積極的な貢献を果たし、地域情勢の発展に引き続き注視してくれることを期待している、と述べた。